印鑑は『京都の名工』 美しい手書き文字の手彫り仕上げ印鑑     印鑑の西野 印鑑 サイトマップ

印鑑の西野オンライン工房

送料無料

大特急仕上

特急印鑑は必ず電話予約

当店の印鑑へのこだわり

旧字・異字体一覧表

印鑑通販 メニュー!!

  • 買い物 かご

個人印

会社印

ゴム印・浸透印

  • 印鑑の西野工房お客様の声

印鑑の情報・お役立ち情報

はんこ Q&A

販売終了商品

お客様サポート

V09-03-30

Yahoo 印鑑カテゴリ・実印カテゴリ
登録サイトです。

象牙取扱い業者
象牙取扱い業者

当店は政府登録済の「特定国際種事業者(正規販売業者)」です
届出事業者番号
T−5−26−00090

全国に広がる印章
ecollect
ご利用可能コンビニ
twinavi
西野オンライン工房公式twitter

印は当店の休店日
営業時間:朝10時〜夕方4時
定休日: 土・日・祝日
メールでのご注文・お問合せは365日24時間、受付中!!

実印 単品

印鑑ケース と 印鑑5年保証付きで安心



個人で 実印 または 銀行印 として使う印鑑単品

 

黒色または赤色の牛モミ革印鑑ケース付
(※象牙【特上】はとかげ革ケースも選べます)

京都の印鑑職人の美しい手書き印影

この価格で、他店では考えられない!注文ごとに紙に手書き印影

印鑑のサイズの選び方

印鑑サイズについて
表の●印が人気があり一般的です。
特に◎が一番人気です。
男性実印18ミリは力強く人気があります。

男性 10.5o 12o 13.5o 15o 16.5o 18o
実印      
女性 10.5o 12o 13.5o 15o 16.5o 18o
実印      


男性のかたの場合、堂々とした16.5ミリまたは18ミリがオススメです。

印鑑はその人を表します。風格あり堂々としております。
今は威厳がなくても将来、この印鑑のように立派になるという志(こころざし)でお選び下さい。
女性のかたの場合、フルネームの場合は15ミリがオススメです。名のみの場合13.5ミリがオススメです。
印鑑屋西野はんこ店員おかも

息子様へのプレゼント の場合も大きいものをお送り下さい。
お父様より大きいものをお送りください。『いつの日か俺を超えてくれ息子よ』という意味です。

女性の方でご結婚されている場合、
ご主人様をたて、ご主人様よりひとまわり小さいものをお選びになるのが一般的ですが、 日本の習慣で古い考えですので。。。現代日本は男女平等 同じ大きさの印鑑を作る手もあります。
できましたらご主人様より少し小さい印鑑つまり15ミリから13.5ミリをお選びいただくと安心です。
ご主人様を立ててあげて下さい。
例外として、女性の方の場合でも一人の企業家としてお仕事されておりビジネス上でも使用する場合は
男女関係なく大きいものを使用下さい。男も女も関係ありません。代表者としての実印をお作り下さい。

印鑑の彫刻文字について

男性の方なら実印はフルネーム。
女性のお客様も同じく実印はフルネーム。
よくご質問いただきますが未婚の女性の方の場合はこの先苗字がかわることがありますので
実印も下のお名前だけでつくられることがあります。
都道府県により登録できない所もありますので区役所でご確認下さい。

店長の井ノ口です。
当店で印鑑をご購入されるお客様は美しくきれいで良い印鑑がほしいと思われるお客様ばかりです。 それなのに届いた印鑑が、『良くなかったらどうしよう』、『だまされたらどうしよう』という不安な気持ち大変よくわかります。
もし届いた印鑑が買って失敗したと思われたら安心保障サービスをご利用くださいませ。
ただしあらかじめ確固たるイメージがある場合はご購入時にお知らせください。(たとえば文字を太くしてほしいとか、この文字の曲げ方はしないでほしいなど)
印鑑の安心保障サービス

セット内容  実印として 1本
付属品  牛モミ革印鑑ケース付き×1個
(※象牙【特上】には桐箱1本用×1個・とかげ革ケース選択可能)

 印鑑5年保証書 ×1枚
納期

 土日祝日を除く5営業日目に発送予定
 ※ただし作製規定本数に達した場合は、上記納期より遅れる場合があります。

  お急ぎの場合はお電話にてご相談下さい。お気軽に!16時迄

備考

 印材は長さ60ミリです。アタリ(印鑑の上下の印)無し
 京印章制作士手書き文字
 『京の名工』手彫り仕上げ

木材印材の定番中の定番。代表的な印材です。
その中でも薩摩上柘は、国産の肥沃な土地と温暖な気候で育った高級な印材です。 >>もっと詳しく

薩摩本柘【日本国産】

13.5ミリ 6,000円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 6,300円 (税別価格)
16.5ミリ 7,500円 (税別価格)
18ミリ 8,700円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

一般の木材よりはるかに強度が高く、しかもバラツキが少ないのが大きな特徴です。
彩樺は、通常の木材の数倍の強度とひび割れにくさを誇ります。 >>もっと詳しく

彩樺【サイカ】

13.5ミリ 6,500円 (税別価格) 注文 個人印鑑
15ミリ 6,800円 (税別価格)
16.5ミリ 8,000円 (税別価格)
18ミリ 9,100円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

聞きなれない不思議な響きの名前をもつ印材「アグニ」ですが、その名前の由来はインド神話に登場する神様、Agni(火の神様)からです。 その名の通り、神秘的な赤褐色と奥深い輝き、そして美しい木目が魅力的です。>>もっと詳しく

火神【アグニ】

13.5ミリ 6,800円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 7,100円 (税別価格)
16.5ミリ 8,300円 (税別価格)
18ミリ 9,200円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

賢牢性や印肉の付きの良さに優れ、硬度も 粘りもあるため、オランダ水牛同様、丈夫で長期の使用に耐えられる印材です。
漆黒の趣が印肉の朱と対比的で美しく、古来から重宝がられてきました。
中心の芯が通った部分は芯持ちと呼ばれ、その中でもさらに先端の部分が最も良質とされています。 >>もっと詳しく

芯持ち 黒水牛

13.5ミリ 7,400円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 7,600円 (税別価格)
16.5ミリ 8,800円 (税別価格)
18ミリ 9,800円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

オランダ水牛は象牙につぐ高級品で、「柄入」は純白に黒や茶色の模様が入ったものをいいます。
自然のまま、1本1本柄が違いますので、オシャレな現代人にぴったりの逸品です。
色・柄のついた素材は比較的多く、価格的にも安定しています。質的には純白のものと全くかわらず、大変実用的です。 >>もっと詳しく

オランダ水牛【柄入】

13.5ミリ 8,800円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 9,300円 (税別価格)
16.5ミリ 11,300円 (税別価格)
18ミリ 12,300円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

オランダ水牛は象牙につぐ高級品で、「印鑑の女王」とも呼ばれています。
白っぽい飴色をした印材で、別名「白水牛」とも呼ばれています。少し半透明で耐久性もあり、非常に美しい印材です。

※注意:白という意味は印章業界での名称であり、実際の印材は明るめの飴色をしております。 >>もっと詳しく

オランダ水牛【白】

13.5ミリ 10,300円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 11,300円 (税別価格)
16.5ミリ 13,300円 (税別価格)
18ミリ 14,300円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付き
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

耐久性、耐摩擦性に特に優れ、重量感を誇り、手触り、質感とも最高の素材です。
象牙は、印鑑の素材の中では最高の印材と言っても良いでしょう。
使い込むにつれて美しい光沢が出てきます。朱肉の馴染みもよく、使うほどに愛着がわく印鑑となるでしょう。 >>もっと詳しく

象牙【並】

13.5ミリ 15,800円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 16,800円 (税別価格)
16.5ミリ 18,800円 (税別価格)
18ミリ 19,800円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付き
政府認定シール付き
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

耐久性、耐摩擦性に特に優れ、重量感を誇り、手触り、質感とも最高の素材です。
象牙は、印鑑の素材の中では最高の印材と言っても良いでしょう。
使い込むにつれて美しい光沢が出てきます。朱肉の馴染みもよく、使うほどに愛着がわく印鑑となるでしょう。
(中)は(並)と比べ、やや中央部分に近いためキメが細かく、印頭の部分を見ると網模様がみられます。 >>もっと詳しく

象牙【中】

13.5ミリ 18,000円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 20,000円 (税別価格)
16.5ミリ 24,000円 (税別価格)
18ミリ 27,000円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付き
政府認定シール付き
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

耐久性、耐摩擦性に特に優れ、重量感を誇り、手触り、質感とも最高の素材です。
象牙は、印鑑の素材の中では最高の印材と言っても良いでしょう。
使い込むにつれて美しい光沢が出てきます。朱肉の馴染みもよく、使うほどに愛着がわく印鑑となるでしょう。
さらに中央部分に近い部分から採られるためキメが細かく、印頭の目もきわめて微細で、つややかな光沢が見られます。 >>もっと詳しく

象牙【上】

13.5ミリ 24,800円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 28,000円 (税別価格)
16.5ミリ 35,800円 (税別価格)
18ミリ 41,500円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ 牛モミ革印鑑ケース付き 印鑑5年保証付き
政府認定シール付き
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

耐久性、耐摩擦性に特に優れ、重量感を誇り、手触り、質感とも最高の素材です。
象牙は、印鑑の素材の中では最高の印材と言っても良いでしょう。
使い込むにつれて美しい光沢が出てきます。朱肉の馴染みもよく、使うほどに愛着がわく印鑑となるでしょう。
(上)よりもさらに中央部に近い希少部から採られ、象牙特有の乳白色は最高ランクの証。
キメがきわめて細かく、印頭の目もきわめて微細で、つややかな光沢が見られます。 >>もっと詳しく

象牙【特上】

13.5ミリ 35,600円 (税別価格) 注文 個人印鑑単品
15ミリ 42,000円 (税別価格)
16.5ミリ 51,200円 (税別価格)
18ミリ 61,200円 (税別価格)

■京印章制作士手書き文字
■『京の名工』手彫り仕上げ
桐箱・印鑑ケース付き 印鑑5年保証付き
政府認定シール付き
送料無料 手数料無料

ご感想投稿でプラス3年保証キャンペーン 金印面オプションサービス

かなりお得な実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

象牙の(並)と(中)と(上)の違い

象牙(並):

これぞ象牙らしく自然な色合いをした、象牙印材の普及品タイプです。 側面には少し繊維的な縞模様が表れることもよく見られます。印材の頭部には、やや粗めの網模様が見られることもあります。

象牙(中):

象牙を輪切りにした場合、中央に近づくごとに肌理が細かくなりますが、外側から少し入った、やや目の落ち着いた部分から採られる上級品です。 「並」に比べるとキメが細かく、印材の頭部に細かな網目模様が見られるのが特徴的です。

象牙(上):

まさにIvory(象牙)らしい自然な色合いをしています。中央の芯に近い部位から採られる希少な高級品です。 「中」よりもさらに肌理が細かいため、印材頭部の網目模様もほとんどなくなり、美しい光沢が見られるようになります。

京印章

印鑑 の西野オンライン工房

Tel075-632-0040    Fax075-632-0089

Copyright(C)2001 nisino online kobo All Rights Reserved

このホームページに掲載されている画像・内容等の無断転載・複製を禁じます。西野オンライン工房が管理、運営しております。

▲このページの先頭へ戻る