手仕上げ印鑑とは

全日本印章業組合連合会が公正取引委員会と協議の上定められた基準によると
字入れ:筆で手書きで作成
またはパソコンソフトを使い文字を全面修正して作成。(部分修正は不可)

荒彫り:印鑑彫刻機を使用して彫刻
ペンシル、ボール盤を使い彫刻

仕上げ:印刀等を使い手仕事で文字のアウトライン、枠、底、すべて仕上げる

その他にも印面を平らにするための面すりや鏡面仕上げ、
墨打ちなど印鑑のプロとして当然の作業もたくさんあります。
弊社の印鑑は手仕上げ印鑑にあたります。

手仕上げ印鑑のことを「手彫り仕上げ印鑑」と呼ばれていることもあります。