象牙の中心を印材にした希少な象牙です

象牙の中心には「芯」があり、芯持ち象牙と呼ばれています。中心に近いほど目が細かく詰まった良質の印材になります。象牙の中心にあたる部分を印材にしているので1本の象牙から取れる量も少なく希少で象牙の中でも最高のランクになります。印材は象牙の中心にあたる部分を使用しており印面と反対側の上部に黒い点がございますが、中心を使用している最高級品の証です。