不要になった印鑑の処分、実印の供養をする為、
毎年9月下旬頃に京都の下鴨神社にて、役目を終えた印鑑を供養する祈願祭があります。

2015年 京都 印章祈願祭 レポート

10月1日は「印章の日」です。
西野オンライン工房がある、ここ京都では毎年、
世界文化遺産・下鴨神社にある「印納社(いんのうのやしろ)」にて、
京都府印章業協同組合が主催する「印章祈願祭」が開催されます。

長年の務めを終えた古い印鑑たちをご祈祷後、奉納する神事です。
西野オンライン工房でも、毎年この祭事に参加し、お客様よりお預かりした古印章たちを
奉納してまいりました。

例年通り参加させていただいた2015年度の印章祈願祭をレポートします!


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

2015年9月27日(日)

徐々に秋の気配が近づく京都。
世界文化遺産「下鴨神社」にて行われた
「印章祈願祭」に今年も行ってまいりました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

午後12時前

契約の神、印鑑・はんこの神様としても
印章業界で有名な下鴨神社に到着。

これから 皆様よりお預かりした
大切な印章(印鑑)を店長 井ノ口が
責任を持って奉納してまいります!


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

まずは皆様の印章をお渡しする前に・・・

神社にある手水舎(ちょうずや)で手を清めます。

これで準備はバッチリです。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

午後12時過ぎ 受付に到着

お預かりした大切な古印章たちに、
感謝と労いの気持ちを持ってご奉納。

皆様のご多幸と益々の発展も
お祈り致しました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

祈願祭が執り行われる「印納社」前。

着々と準備が進められていますが、
まだ祭事まで時間があるようなので、
少し境内を散策することにしました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

祈願祭では毎年恒例となっている
十二単による「王朝の舞」が始まりました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

華やかで美しい着物の舞を、しばし堪能。
一般の方でも気軽に拝観できますので、
一見の価値ありです。

午後12時半頃

毎年祈願祭の日は
印章関連以外のイベントも催されてます。

今年は鯖寿司店や和菓子店など、
京都の有名なお店のブースが出ていました。

昨年度は手作り市が催されたりと、
見所がいっぱいあって楽しめます。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

ここでちょっとご紹介スペース。

なんと印鑑ケースのお守りがあるんです!
はんこの神様を祀っている神社ならではですね。
銀行印や認印を入れておくのにちょうど良いサイズです♪


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

印章ブースにて発見。
「特選京印章 京の璽(しるし)」という印鑑です。
京都府の印章組合に所属する、
高い技術を持った彫刻司(ちょうこくし)たちが手がける世界にひとつの印鑑です。
印鑑ケースも京・西陣織の金襴(きんらん)を使用しています。

京都が世界に誇れる技術を集めた
とても特別な印鑑です!

午後1時頃

「印納社(いんのうのやしろ)」にて
印章祈願祭が始まりました。

厳かな空気に包まれる中、
奉納した古印章のご祈祷が行われます。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

笙(しょう)や龍笛などの音色が響く中、
皆様からお預かりした古印章たちも、
その役目を終え、粛々とご供養されました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

午後1時半頃

祈願祭は無事終了です!
わたくし自身も身が引き締まり、
清清しい気持ちで大切な祭事をひとつ終えました。

そしてまた、より一層皆様に
お喜びいただける印鑑を作っていこうと
決意を新たにしました。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

午後2時頃

最後の休憩に立ち寄った境内にあるお団子屋さんで、みたらし団子を頂きました。

甘党の間では(?)有名なお話かもしれませんが、
実は下鴨神社はみたらし団子発祥の地なんです!
なんでも神社で行われる『御手洗(みたらし)祭』が語源だとか。


▲クリックで拡大画像を表示します。▲

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。
以上で、印章祈願祭のレポートは終わりです。
務めを終えた印鑑・はんこをお持ちの方は、
全国の社寺で印章の供養が行われていますので、
お近くの全日本印章業組合連合会に加盟している
はんこ屋さんへ印鑑をお持ち寄り下さい。

当店でも、眠っている古いご印鑑を、郵送または宅配便にてお送りいただくか、
店頭へお持ち寄りいただけましたら、印章祈願祭にて供養・奉納させていただいております。
※印鑑をお送りいただく際の送料はお客様ご負担となります。
【供養できない印材】
・燃えない素材(チタンなどの金属製・シャチハタなどのゴム製)
・印鑑ケース類



このレポートを通じ、皆様にとって、もっと印鑑が身近な存在となりましたら幸いです。
これからも日々誠実に、大切なはんこを作り続けていきますので、
今後とも弊店をどうぞよろしくお願いいたします。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。