印章祈願祭

2020年9月27日(日曜日)
2020年印章祈願祭

いつも印鑑の西野オンライン工房をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 2019年9月30日 から2020年9月27日の期間にお送り頂きました印鑑を下鴨神社で開催されました印章祈願祭にて祈願させて頂きましたのでご報告させて頂きます。

毎年、印章祈願祭の時に撮影を行っている場所ですが、今年は「印章祈願祭」の大きな看板は出ていませんでした。

前日の土曜日は少し曇っていて不安だったのですが、当日の天気は晴天で、印章祈願祭にピッタリな天候でした。

今年は、コロナウイルスの拡大防止の対策として、毎年行われておりました古印章の受付が郵送での受付に変更、イベントなどで賑わっている場所もイベント中止ということで、いつもより人が少ない印象を受けました。

下鴨神社に到着し、最初に手水舎(てみずしゃ)にてお清めを行いました。

印章祈願祭が行われる会場で、準備が行われていました。祈願祭まで時間がありましたので先に神社の中を見学することにしました

古印章納め箱が用意されておりましたが、基本的に郵送の受付を行っていたので、毎年のような納め箱いっぱいに印鑑が入っている光景は見ることができませんでした。

下鴨神社で有名な「水みくじ」があります。おみくじを御手洗川(みたらしがわ)に浸すと文字が浮き上がって読めるおみくじです。写真でも数名の方が 御手洗川でおみくじをされておりました。

御手洗川の源流に御手洗社(みたらししゃ)というお社があり、その中から水が流れています。

” 鎌倉時代に、醍醐天皇がこちらの水をすくうと泡が出てきたそうです。1つ現れ、しばらくすると4つ泡が現れこれらの泡を模して作られたのが「みたらし団子」の起源と言われています。”

「十二単衣と王朝の舞 」が始まりました。舞台にて、十二単の着付けと平安王朝の舞が披露されます。もし、印章祈願祭に足を運ばれることがありましたら、見て頂きたいイベントの1つとなっております。

舞が終わると、印納社(いんのうのやしろ)にて祈願祭が行われます。

今年は、コロナウイルス感染予防のため、参加されている方皆マスクを着用されており、いつもとは異なる環境で式典に参加されていました。静かな雰囲気の中、 古印章のご供養を終え、祈願祭は終わりを迎えました。

最後になりますが、印章祈願祭当日は青空が広がり気温も高くなくとても気持ちが良い日でした。下鴨神社にはたくさんの木々があるのですが、緑色の葉を見ていると植物の生命の強さも感じました。これから秋、冬にかけて紅葉となりますが、季節ごとに違った一面が見れる神社だと思います。

印章祈願祭ですが、来年も行われる予定となっておりますので、当店でも眠っている古いご印鑑、新たに購入して今まで使用していたご印鑑などどうしたらよいのか分からず困っておりませんでしょうか。郵送または宅配便にてお送りいただけましたら、無償で印章祈願祭にて供養・奉納させていただいております。(その際、印面などお名前が見えないようにブログでご報告のため写真を取らせて頂く場合が御座います。)

公益社団法人全日本印章業協会

務めを終えた印鑑・はんこをお持ちの方は、全国の社寺で印章の供養が行われていますので、お近くの全日本印章業組合連合会に加盟しているはんこ屋さんへ印鑑をお持ち寄り下さい。
当店でも、眠っている古いご印鑑を郵送または宅配便にてお送りいただけましたら、年に一度の印章祈願祭にて供養・奉納させていただいております。
お客様から届きました印鑑は、来年の「印章祈願祭」まで当店で責任を持って保管させて頂きます。
●印鑑をお送りいただく際の送料はお客様ご負担となります。
下記住所を明記いただき、不要の印鑑を同封のうえ、お送りください。

〒613-0904
京都府京都市伏見区淀池上町174番地69
有限会社 印鑑の西野オンライン工房 印章供養 係
●供養できない印材
燃えない素材(チタンなどの金属製・シャチハタなどのゴム製)
印鑑ケース類
ご供養に係る費用はすべて無料です。
初穂料(玉串料)などを同封頂きましても受領致しかねますので、何卒ご理解ご了承下さい。(同封頂いた場合は現金書留にて全額返送させて頂きます。)

最新の印章祈願祭情報
日程や印章の受付締切日などはこちらをご確認下さい。

このレポートを通じ、皆様にとって、もっと印鑑が身近な存在となりましたら幸いです。これからも日々誠実に、大切なはんこを作り続けていきますので、今後とも弊店をどうぞよろしくお願いいたします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

過去の印章祈願祭