実印 個人印鑑を印材から探す

自動車・不動産の売買など、印鑑登録を行って使用する印鑑

自動車・不動産の売買など、印鑑登録を行って使用する印鑑 実印

個人用印鑑 納期のご案内

現在 たくさんのご注文をいただいており、出荷日は下記の通りになっております。



※出荷日は目安となっており、ご注文のタイミングで多少前後する場合が御座います。
正確な出荷日は、ご注文後当店よりお送り致しますメールにて記載しておりますので、ご確認下さい。
(※)一日の作製本数に限りがある為、ご注文のタイミングによっては上記納期より遅れる場合もございます。

お急ぎの場合はお手数ですが【特急仕上げ】のページをご覧ください。

実印のサイズについて

よくお問い合わせを頂くのですが、実印・銀行印・認印の表記は当店で分類上分けさせて頂いており、銀行印をご注文された場合、実印や認印としてご使用頂いても問題ございません。 また、実印をご注文された場合でも、銀行印・認印としてご使用頂いてもご使用上問題はございません。サイズやご使用用途はお客様のご判断でご使用頂けます。

男性 10.5ミリ 12.0ミリ 13.5ミリ 15.0ミリ 16.5ミリ 18.0ミリ
実印
女性 10.5ミリ 12.0ミリ 13.5ミリ 15.0ミリ 16.5ミリ 18.0ミリ
実印

表の●印が人気があり一般的です。
特に◎が一番人気です。

男性用実印の場合、堂々とした16.5ミリまたは18.0ミリオススメです。
女性用実印の場合、フルネームの場合は15.0ミリがオススメです。名のみの場合13.5ミリがオススメです。

実印はその人を表します。風格あり堂々としております。
今は威厳がなくても将来、この印鑑のように立派になるという志(こころざし)でお選び下さい。

息子様へのプレゼントの場合
お父様より大きいものをお送りください。『いつの日か俺を超えてくれ息子よ』という意味です。

女性の方でご結婚されている場合
ご主人様をたて、ご主人様よりひとまわり小さいものをお選びになるのが一般的ですが、日本の習慣で古い考えですので。。。 現代日本は男女平等 同じ大きさの実印を作る手もあります。できましたらご主人様より少し小さい印鑑つまり15.0ミリから13.5ミリをお選びいただくと安心です。ご主人様を立ててあげて下さい。例外として、女性の方の場合でも一人の企業家としてお仕事されておりビジネス上でも使用する場合は 男女関係なく大きいものを使用下さい。男も女も関係ありません。代表者としての実印をお作り下さい。

お勧め商品 かなりお得な 実印・銀行印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

お勧め商品 かなりお得な 銀行印・認印の手彫り仕上げ印鑑2本セット もあります。

お勧め商品 かなりお得な 実印・銀行印・認印の手彫り仕上げ印鑑3本セット もあります。

実印の彫刻文字について

男性の方、女性の方共に実印はフルネーム。
よくご質問いただきますが未婚の女性の方の場合はこの先苗字がかわることがありますので実印は下のお名前だけでつくられることがあります。都道府県により登録できない所もありますので区役所でご確認下さい。

印材一覧

安心保障サービス

井ノ口店長

店長の井ノ口です。
当店で印鑑をご購入されるお客様は美しくきれいで良い印鑑がほしいと思われるお客様ばかりです。 それなのに届いた印鑑が、『良くなかったらどうしよう』、『だまされたらどうしよう』という不安な気持ち大変よく分かります。
もし届いた印鑑が買って失敗したと思われたら安心保障サービスをご利用くださいませ。
ただしあらかじめ確固たるイメージがある場合はご購入時にお知らせください。 (たとえば文字を太くしてほしいとか、この文字の曲げ方はしないでほしいなど)

実印の安心保障サービス

実印の必要性について

●重要度が高い印鑑であることはわかるけれど、特に必要性がわからない実印について
まず、そもそも実印とは何なのでしょうか。

実印とは、住民票登録している自治体に印鑑登録したハンコのことを指します。住民票は国民1人につき1か所でしかできませんので、印鑑登録も1か所でしか行うことはできません。そのため、引っ越しをしたら転居先で印鑑登録しなおす必要があります。

もし実印のつもりでハンコを作ったとしても、印鑑登録されていないハンコは実印としての効力は持ちません。実印用のハンコを作ったら、必ず印鑑登録を忘れないようにしましょう。



●なぜわざわざ印鑑登録をしなければならないのでしょうか。
それは、人生の中で必ず実印でなければ手続きできない場面が訪れるからです。具体的には以下の通りです。

・土地や家を購入する場合

・業者の仲介なしで中古車を購入する場合

・会社の設立、融資を受ける場合

・ローンを組む場合

・遺産相続

・公正証書の作成

場合によっては例外もありますが、これらの手続きの際には実印が求められる場合が多く、急に実印が必要になって慌てて購入する方も少なくありません。
押印や署名は、本人や代理人が書面の内容を確認したことを証明するものですが、本当に「この印鑑を押すことができるのはこの人だけ」と法的に証明できるのは印鑑登録された実印だけです。
重要な手続きであればあるほど、実印が重要視されるのはこのためです。



●実印は特別な印鑑ですので、誰でも持っているような印影のデザインは避けなければなりません。
機械彫りで大量生産されているハンコ、印影が削れたりゆがみやすいゴム印、朱肉の乗りが悪いプラスチックのハンコなどはやめましょう。

実印ほどの重要なハンコであれば一生使うことを想定して、象牙などの高級印鑑を購入するのもオススメです。

そこまで高いものでなくても・・・という方には、黒水牛や柘の素材で認印・銀行印・実印の3点セットを購入するのもオススメです。
成人や結婚のタイミングで、同素材・大きさ違い・印影違いで一度に作っておけば、急に必要になって慌てることもありません。