象牙印鑑 のランクについて

貴方が今、比較されている象牙印鑑のグレードは、本当にその通りですか???

本ページをご覧いただき、ありがとうございます。
お客様が印鑑を買われる場合、お店ごとに印材のグレードも比較されることと思います。
さて、ここで問題です。
あるA店では上象牙が1万円。
あるB店では極上象牙が1万円。
あるC店では並象牙が1万円。
あるD店では高級象牙が1万円。
では、どれが一番「得な商品」でしょうか?
一見すると、B店の「極上象牙」が一番お得な感じがしてきます。、
でも正解は、『答え:わかりません。』です。

そもそも問屋で印材ランクは決まっていても、グレードの呼称に明確な決まりはなく、店独自でつけられている場合があります。


例えば、お店でランクの名前を付ける場合
「並」では聞こえが悪いので
仮にですが下から順に
・特選象牙
・高級象牙
・上象牙
・上上象牙
・高級象牙
・極上象牙
と名前をつけたとします。

すると仕入れでは「並」だった象牙が「上」の象牙に変わってしまったりします。

また印材問屋の営業担当曰く、 並程度は後述の方法でわかるものの、
ユーザーサイドからすれば、それ以上はなかなか判別がつきにくいとのこと。
そこから考えてもいかに恣意的なランクづけがされているかが想像できます。

結論を申し上げますと、印材に付けてある「極上」や「高級」、などの名称で判断するのは間違いです。
100円ショップの認印でも、高級認印と書いてあるくらいですから。



そういった状況を憂う当店では、
【並】象牙
【中】象牙

さらに稀少ではありますが、
【上】象牙
というカテゴリーに分けて、印材を採用しております。
ところで例えば仮に、中象牙を上象牙として偽って販売したとしても、お客様はお気づきにならないかもしれません。
もちろん私たちは、そんなことはまったくしたくありません。
一般のユーザーの方が信用してオーダーできないようなものなら、販売するべきではないと考えています。
このような観点から、当店の象牙印材は、
店長の厳選による【並】・【中】・【上】の3種類のラインアップにとどめております。
また、標準の品揃えには加えておりませんが、お客様のご要望によりましては、
【特上】ランクの象牙印鑑のご注文にも、お応えできるようにしております。

なお参考までに、当店の区別法を以下に挙げておきます。


当店の象牙【並】:象牙らしい自然な色合いをしています。側面に少し繊維の模様が入っています。

 

 

当店の象牙【中】:同じく象牙らしい色合いをしています。象牙本体を輪切りにした場合中央に近づくほど
キメが細かくなります。並と比べ中央部分に近く、キメが細かく象牙印材の
頭の部分を見ると目が細かく均一な網模様があります。

 

当店の象牙【上】以上:以降中央の芯に近づくごとにランクが上がりますが、一般の方が見比べてもかなりわかり難くなってきます(もともと自然界のものでもあり)。
その中でも【上】以上の象牙につきましては、印材屋さんの積極的な協力も得ながら、店長の目で一つひとつ厳選することよって、大変希少なグレードの印材をご提供させていただいております。

 

(社団法人 全日本印章業協会の資料より)