おおきに名物おばはんこです。わてはまだまだ元気どっせ。しっかり激安ハンコ見とくんなはれや

おいでやす。ようこそ京都へ

rogo924_150small.gif (2561 バイト)

 

     価格だけでは分からない?印鑑選びのチェックポイント!! 

 

●「京印章」とは

 

我が国で印章(はんこ)が使われるようになったのは、大化の改新により大宝律令が制定されたときからといわれています。平安京以後、京都では天皇御璽(天皇の印章)や当時の役所の官印などが作られて行きました。古代の印はほとんどが鋳銅印で、銅を溶かして鋳造された物でした。やがて鎌倉時代になり宋との交流が盛んとなり僧侶や文人の間に落款印・書物印(絵や書などの作者を示す印)などが流行り益々発展していきました。さらに戦国時代に入ると武将ばかりでなく実名印(後の実印)が使用され商人の間にも普及していきました。江戸時代に入ると庶民にまで印章が広まり印判師が京都に誕生し人数も増えていきました。この様にして京都で発展し作られた印章を京印章といいます。

 

※上記の文献は京都の歴史のある純正な印章店で作る京都府印章業共同組合様のホームページより抜粋させていただきました。『京印章』は京都府印章業共同組合様の登録商標であり当店だけではなく組合員の印鑑すべてに使用できる称号です。

 

有店舗にて京印章をお買い上げの場合は京都府内の最寄りの京都府印章業共同組合加盟店にてお買い求めくださいませ。

京印章は非常に心のこもった印鑑でございますれば十分に価値のある印鑑と心得ております。

 

通信販売および京都競馬場近郊のお客様はぜひ当店にてお買い求め下さいませ。(当店のネット上での販売価格は価格破壊の激しいネット通販での適正価格と考えております。)

 

京都市内には日本や京都を代表される印章作家の先生がたくさんいらっしゃいます。(究極の1本をお考えの方はメールお待ちいたしております!!ご紹介いたします。)                         

WEB担当 井ノ口 より    

検索エンジン等から直接このページに来られた方は
TOPページ http://www.e-nisino.comへお進み下さい。

はんこ/印鑑・実印・銀行印・会社印・ゴム印   印刷/チラシ・ハガキ・名刺・封筒

激安印刷と激安印鑑のオンラインショップ  西野オンライン工房

このホームページに掲載されている画像・内容等の無断転載・複製を禁じます。